あな痔の重い症状と注意すべき点

あな痔の重い症状と注意すべき点

痔の中でもっとも症状が重いのが、あな痔です。

下痢が長く続いて肛門が炎症すると、あな痔になってしまいます。さらに症状が進行すると、内部で化膿して海のしこりができます。

化膿した部分から膿が出てくるだけでなく、しこりが大きく腫れて、ズキズキと痛みが出てきます。

■あな痔の症状とは
・お尻から膿が出てくる
・肛門にしこりがある
・排便時以外でも、肛門に違和感を感じる
肛門と直腸の間の壁には、1mm程度のくぼみがいくつかあります。

このくぼみの中に最近が溜まり、肛門に感染してしまうことがあります。
たまった膿のしこりは自然に破れると、膿のトンネルができます。

この状態を、痔瘻(じろう)と呼び、痔瘻が出来てしまうと投薬や塗り薬で治すことができないので、手術が必要となってきます。

あな痔になる原因としては、下痢と便秘を繰り返すことや、排便時にいきみ過ぎることが挙げられます。

また、疲れやストレスにより免疫力が低下しても、あな痔を作ってしまうことになるので、出来るだけストレスフリーで過ごし、排便のコントロールをすることが大切です。

■ホントは怖いあな痔
あな痔は切れ痔やいぼ痔と比べてそれほど有名な病気ではありません。

よって、痔だと気づかずにそのまま放置してしまい、症状を悪化させてしまうことがあります。

症状が悪化すると、最終的には癌化してしまうケースもあります。
肛門に違和感を感じたら、すぐにかかりつけの病院へ行くようにしてください。