いぼ痔の症状と治療法

いぼ痔の症状と治療法

言わなければ誰にもバレないとは言え、お尻の病気は心が憂鬱になりますよね。

気分が落ち込むと、オシャレや恋愛を楽しむことができません。

■いぼ痔の症状
いぼ痔の主な症状は、以下のものが挙げられます。
・排便時、肛門から血が出る
・便が出きらない
・肛門周りに違和感を感じる
・いぼがある

いぼ痔とは、おしりの周りが腫れていぼが出来てしまったものを指します。
いぼ痔の中にも内痔核と外痔核の2種類があり、症状は同じでもいぼが出来る場所によって内痔核・外痔核にわけられます。

肛門の周りの粘膜には、静脈がたくさん集まった部分があります。
このクッションのような静脈が、排便時のいきみで膨らんでしまい、いぼ状になったものが内痔核です。

また、肛門の出口に豆粒程度のいぼがある場合は、外痔核です。触るとズキンとした痛みが走ります。

■誤った民間療法は危険!
いぼ痔になってしまった場合、「肛門の中に押し込めばOK」という言い伝えがあるようですが、これはまったくの間違い。

一瞬は中に押し込んで見えなくなりますが、無理に押し込んでいると炎症を起こし、腫れが酷くなってしまいます。

また、常に肛門の粘膜に触れてしまうので痛みも激しく、化膿してしまうこともあるのです。

塗り薬や投薬で治ったものが、手遅れになると外科手術で切除しなければいけなくなることもあります。

外痔核の場合は発見が容易なので、早期発見で酷くなる前に治療が可能です。
違和感に気がついたら、専門の医師の診断を仰ぐようにしましょう。