女性に多い便秘の原因

女性に多い便秘の原因

女性にもっとも身近なお尻の病気といえば、便秘。

あまりに身近すぎて、「え?便秘って病気なの?」と思われる方もいるかもしれませんね。

便秘は立派な病気です。便秘が慢性的になってしまうと、便秘以外の病気を引き起こしてしまうこともあるので気をつけましょう。

■便秘の原因は?
・ホルモンバランスの乱れ
・急激なダイエット
・腹筋が弱いこと
・乱れた食生活
・排便を我慢する
便秘の主な原因は、以上のものが挙げられます。

生理になると、女性の身体は黄体ホルモンを作り出します。

この黄体ホルモンが子宮の過剰な収縮を防ぐ働きをしてくれるのですが、大腸の中の水分を吸収し、結果大腸の働きを鈍らせてしまうのです。

大腸から水分が失われてしまうと、便が硬くなるため、生理前に便秘になる人が多いようです。

また、急激なダイエットをすることによって、便が硬くなって排便が滞ってしまいます。

サプリメントや食物繊維を含まない食材ばかりを食べていると、便秘になりやすくなるので気をつけましょう。

■食物繊維で便秘を防ごう!
なぜ便秘には食物繊維がいいと言われるのかというと、それは食物繊維の性質によるものです。

食物繊維は水分を含むとまるでスポンジのように膨れ上がり、便が出やすいようにしてくれるのです。

固い便よりも柔らかい便の方が、お尻に負担がかからないのはみなさんご存知の通り。便が固いといきまなければいけませんが、柔らかければスムーズに体外へ排出されます。

よって、便秘を防ぐには食物繊維の食べ物を摂るのが一番いいのです。





関連記事

  1. お尻のかゆみはどんな病気なのか
  2. 痔とよく似た症状の病気について